高齢者・シニアにおすすめの人気スポーツ7選!

高齢者に人気のスポーツとは何でしょうか。
最近では高齢になってもスポーツを楽しむ人が増えています。

スポーツを行うメリットは様々ですが、一方で注意することもあります。
高齢者に人気のスポーツを確認しながら、自分にあった運動方法を見つけていきましょう。

シニアにおすすめのスポーツ

ウォーキング

高齢者に人気のスポーツとしてあげられるのはウォーキングです。
ウォーキングは比較的軽い運動なので身体に負担がかかりにくく、気軽に始められます。

まずはウォーキング用の歩きやすい靴を買い、近所を30分くらい歩いてみるところから。
「もっと歩ける」と思ったら、ウォーキングのサークルに入ってあちこちに出かけることもできるようになります。

歩くことで筋力や体力を高め、外の良い空気を吸うことで気分もすっきりしますよ。

ヨガ・ストレッチ

ヨガやストレッチもシニアには人気のスポーツです。
心臓などに負担が少ない穏やかな運動により、腰痛などの不調が改善されるかもしれません。

息が切れるような強い運動ではなく、コーチの指導のもとでゆっくり体をほぐしたりのばしたり。
自然と身体が柔らかくなったり良い姿勢になることで体調の改善もできるとされています。

健康や美容の維持が望める点がヨガやストレッチのよいところです。

ゴルフ・ゲートボール

ゴルフやゲートボールは高齢者に根強い人気があるスポーツです。
身体を動かすだけでなく、スコアや点数を競うゲーム的な部分も楽しめます。

屋外でゴルフやゲートボールをすることで、日光を浴び新鮮な空気を吸えます。
また、友人同士で楽しむことで交流を深めることもできるでしょう。

少しでも良い試合をしたい、という向上心が生きがいにもつながるスポーツです。

卓球

卓球は若い人からシニア世代まで広く楽しめるスポーツです。
シニアの場合、大き目のボールを使ったり椅子に座って行う人もいます。

対戦相手やペアを組む人が必要なスポーツなので、自然と会話や笑いが起こります。
試合にこだわらず、自分の体力に合わせてラリーを続けることを楽しむ人も。

自分の体力に合った形で楽しめるのが卓球の魅力です。

エアロビクス

シニアにエアロビクスが人気、というのは意外かもしれません。
実は多くの高齢者がエアロビクスを楽しんでいます。

一般的にエアロビクスというと激しい運動で息が切れるような印象があります。
しかしシニアの身体にあわせたソフトなエアロビクスもあるのです。

音楽に合わせて体をリズミカルに動かすのは楽しいもの。
身体の調子を整えつつ気分も爽やかになるでしょう。

フィットネス

フィットネスはシニア層に大人気。
平日昼間のフィットネスクラブでは多くのシニアが筋トレなどに励んでいます。

最近のフィットネスクラブでは高齢者向けのプログラムが用意されています。
個々人の状態にあわせて無理なく体を鍛えることができるのです。

もし足腰の不調を抱えている人でも、きちんとした指導の下で体を鍛えられるでしょう。

バウンドテニス

シニア層の間ではバウンドテニスも人気です。
なぜならテニスの面白さを手軽な形で楽しめるからです。

バウンドテニスのコートは普通のテニスコートの6分の1。
体育館の中など室内でプレイできます。

テニス程走り回る必要がない一方で、ゲームの面白さはテニスとほぼ同じ。
天候を気にせず仲間と共にわいわいと楽しめるスポーツです。

高齢者からスポーツを始めるメリット

健康の維持につながる

スポーツは何より健康維持につながると考えられます。
衰えがちな足腰を鍛えることで、転びにくくなったり腰痛などが軽くなるといわれています。

また、血糖値やコレステロール値などが気になる人にも運動は効果的とされているのです。
いきいきと自分らしく生活するためにできるだけ健康は維持したいもの。

そのためにもスポーツはおすすめです。

脳に良い刺激になる

運動することは脳の機能を維持するためにも大切だといわれています。
なぜなら身体を動かすことで血流が良くなり、脳にも十分な栄養が届くと考えられるからです。

また、試合を楽しむことで心の健康が保てるだけでなく、点数計算や作戦を考えるなど脳トレの効果もあるとされています。
認知症を予防するために運動を取り入れるのも効果的かもしれません。

身体も心も健康でいるためにスポーツを楽しむことをおすすめします。

スポーツをする前に高齢者が注意すべき点5つ

自分に合うスポーツを選ぶ

スポーツを始める際は自分に合ったものを選びましょう。
人から勧められたとしても自分の好みや体力に合わないと続きません。

例えば、昔テニスをやっていた人ならバウンドテニスが楽しいと感じるでしょう。
一方、一人で黙々と行動するのが好きならウォーキングがおすすめかもしれません。

そのうえで、足腰や心臓にトラブルがある人は、負担のかからない運動を選ぶ必要があります。

血圧をチェックする

スポーツをする前にはぜひ血圧を測っておきましょう。
血圧がいつもより高い時に運動するのは危険です。

普段から血圧が高めの人は、運動を始める前にかかりつけの医師に相談しておくと安心です。
自宅にも血圧計を用意して必ず朝食の前に測るようにしましょう。

特に暑さ寒さが厳しい時期には血圧の変動が起こりやすいので注意してください。

運動前・運動後も体調を気に掛ける

運動の前に体調を気にするのは当然ですが、運動の「後」にも注意しましょう。
なぜなら疲れで体調が悪化する場合もあるからです。

「疲れたな」と思ったら無理をせず、すぐに休むこと。
足腰に不調を感じたら迷わず診察を受けましょう。

終わった後はストレッチや整理体操などもきっちりと行い、汗で冷えないようにすることも大切です。

水分補給をこまめにする

運動する際の水分補給は大切です。
軽い運動と思っていても知らないうちに汗をかいているものです。

水分が不足していると脱水症状で倒れたり、脳梗塞の原因になることもあるとされています。
少しずつ何回かに分けて水を飲むのがおすすめです。

高齢になるとのどの渇きを感じにくくなるといわれています。
のどが渇いたと感じなくても積極的に水分補給をしましょう。

休憩をとる

シニア世代の場合、スポーツをするときは意識して休憩をとることも大切です。
なぜなら無理をすると思わぬケガをしたり、倒れたりする危険があるからです。

運動の途中で水分補給の時間をとったり、座って雑談する時間を取りましょう。
少しだけ甘いものを口にするのもおすすめです。

長時間続けて運動すると疲れがたまり、身体のためになりません。
自分の身体の声に耳を傾けて上手に休憩を取りましょう。

高齢者におすすめのスポーツはたくさんある

現代のシニア世代はいろいろなスポーツに取り組んでいる人がたくさんいます。
多くの高齢者に人気のスポーツの中から探してみることで自分にぴったり合った運動が見つかるはずです。

年を重ねたといっても「やれること」や「やりたいこと」はたくさんあるはず。
いきいきとした毎日を送るために、スポーツで身体を積極的に動かしましょう。

高齢者でもスポーツに取り組み、健康に気を遣われているおひとり様の方へ

スポーツを通して健康的なシニアライフを過ごそうとお考えのみなさまの中には、おひとりで暮らしているという方も多いですよね。
また、ご家族が遠方にお住まいだったり、周りになるべく迷惑をかけたくなかったりする方もいらっしゃるはずです。

そのような場合、老後の資金やライフプランに関する相談に乗ってもらえる相手が必要になるときが来るかもしれません。
身元保証相談士協会は、おひとり様の方やご家族に迷惑をかけたくない方の一生のパートナーです

施設や病院に入られたときの身元保証や財産管理をはじめ、万が一亡くなった場合のご葬儀やご供養、死後事務手続きなど、さまざまなお手伝いをしてくれます。
無料相談を受け付けているので、老後の生活に少しでも不安があればぜひ活用してみてくださいね。

無料相談受付中
身元保証相談士の
お問合せはこちら

身元保証相談士協会では、行政書士・司法書士・税理士・介護事業者・葬儀など関連する事業者で連携して対応しております。

 

関連記事

おすすめの記事

  1. 家族葬とは 家族葬に明確な定義はなく、親しい方を中心に故人のお見送りをするお葬式のことを言います。…
  2. 葬儀後、約1カ月半で行わなくてはいけない49日法要。 どんな場所で行ったらよいのか、迷うかもしれま…
  3. 70歳を過ぎると、新しく趣味を探そうと考える人が多くなるでしょう。 なぜなら仕事をリタイアしたりし…
ページ上部へ戻る