定年後の再就職!給料や選び方を見てみよう

昨今の健康ブームや医療の発展により健康寿命が長くなり、元気な高齢者も増えて来ました。このような現代日本の高齢化社会において、定年後も仕事をしたいと思う方は増えてきています。長かった仕事人生を終え迎えた定年退職。まだまだ体力には自信があるけど、年金を満額で受給できるのは65歳から。「まだまだ元気だし、働きたい」という方に向けて、定年後にはどんな仕事があるのか、どこで紹介してもらえばいいのか?そんな定年後の仕事の疑問について様々な情報をまとめました。

定年後の再就職先の探し方

再雇用制度の活用

一度退職をした会社に雇用される「再雇用制度」を活用してみてはいかがでしょうか。最近では60歳の定年後に65歳までの再雇用を行う会社が増えてきています。希望者がいれば企業側は再雇用することが義務化されたため、昨今では一般的な選択肢となっています。慣れ親しんだ環境・仕事内容のため、ストレスなく働くことが可能ですが、雇用条件を見直されることが多く、年収が大幅に減少したり、ポジションが大きく変更され、ストレスを感じる人もいらっしゃいます。

知人からの紹介

知人から仕事内容や職場環境など生の声を聞くことができるため、就職した後も働きやすく、理想的な転職方法のひとつです。人材を求めている知人がいれば、ぜひ話を聞いてみましょう。

人材紹介会社の活用

紹介会社によって顧問などの仕事も扱っており、様々な仕事から選択することができるので選択肢が多いのが特長です。しかし紹介会社任せにしてしまうと、企業側のニーズと求人者の経験やスキルと噛み合わなかった場合、紹介自体受けることが出来ません。

シルバー人材センターの活用

シルバー人材センターとは、地域毎に一つずつ設置されている高齢者の生きがいや活性化を目的とした組織で、公益社団法人として運営されているため信頼できます。自分のライフスタイルや経験や知識に合わせた仕事を紹介してもらえますが、仕事の紹介を受けるには2~3000円程度の年会費がかかります。多くの仕事が時給・日給ではなく、報酬形式を取っているため、一般のアルバイトよりも高い収入を期待することはやや難しいかもしれませんが、地域とのつながりを生きがいにしたい方にはぜひおすすめです。

シニア向け求人情報サイトの活用

かつての求人情報サイトは若い方向けの情報がメインで、シニア向けの求人情報サイトを目にすることはほとんどありませんでした。しかし、昨今の高齢化社会の影響で様々なシニア向けの求人サイトが作られています。

思い切って起業してみる

趣味が高じて定年後にお店を開いてみたいと思う方もいるかもしれません。
経営がうまくいけば現役時代より年収が増える可能性もあります。
どのような業種にするか、飲食店、会社設立等、選択肢は様々ですが、起業する場合は金銭面などで無理をせず、自分の状況に合わせた起業をしましょう。

また資格の必要な業種である場合は、定年前から資格を取得しておく必要があります。資格試験を受けるにあたって、公務員などは行政書士の資格を無試験で取得できる場合もありますので、前もって下調べしておきましょう。また飲食店を開きたいという場合は、調理学校に通った方が良い場合もあります。

定年後に人気のアルバイト

定年後は趣味や余暇を大切にしつつ、お小遣い稼ぎ程度の仕事をしたいと思われる方が多くいらっしゃいます。そのような方のためにおすすめのアルバイトを紹介します。

シニアの定番、警備員

シニア男性に人気のアルバイトが警備員です。
昨今ではスーパーやショッピングモールなどで高齢者の方が警備員として働いていらっしゃるのを目にすることが多くなりました。警備員は主に施設警備員と交通警備員がありますが、高齢者の方には施設警備員をお勧めします。交通警備員は道路工事の状況により、真夜中の仕事であったり不規則であるがゆえ、高齢者には負担が大きいようです。
施設警備員は監視や誘導がメインの仕事ですので、高齢者の方でも仕事をしやすい、おすすめの職種です。

スクールバスの運転手で小さい子供と触れ合う

運転がお好きな方はスクールバスの運転手がおすすめです。大型の免許が必要な場合もありますが、高齢者でも扱いやすい仕事です。幼稚園や保育園などの児童の送り迎えが主な業務ですので、子ども好きな方ならより楽しく仕事が出来るでしょう。

黙々と作業が出来る清掃員

多少体への負担がありますが、清掃員もお勧めです。
特に資格は必要なく、ビルや公園など需要は多くあり、高齢者にも就きやすいアルバイトの一つです。体力に自信がある方はいかがでしょうか。

以上のようにシニアの方にもできる仕事は意外とありますが、自分の体力やニーズ、生活スタイルに合わせ、何よりも体力精神面で負担にならない仕事を選択することが大切です。
それによって新たな第二の人生が充実した物になるのではないでしょうか。

定年後に再就職を検討されているおひとり様の方へ

定年を迎え、再就職をお考えのみなさまの中には、おひとりで暮らしているという方も多いですよね。
また、ご家族が遠方にお住まいだったり、周りになるべく迷惑をかけたくなかったりする方もいらっしゃるはずです。

そのような場合、老後の資金やライフプランに関する相談に乗ってもらえる相手が必要になるかもしれません。
身元保証相談士協会は、おひとり様の方やご家族に迷惑をかけたくない方の一生のパートナーです。

施設や病院に入られたときの身元保証や財産管理をはじめ、万が一亡くなった場合のご葬儀やご供養、死後事務手続きなど、さまざまなお手伝いをしてくれます。
無料相談を受け付けているので、老後の生活に少しでも不安があればぜひ活用してみてくださいね。

無料相談受付中
身元保証相談士の
お問合せはこちら

身元保証相談士協会では、行政書士・司法書士・税理士・介護事業者・葬儀など関連する事業者で連携して対応しております。

 

関連記事

おすすめの記事

  1. 任意後見契約とは 十分な判断能力のあるうちに、自分自身が将来、認知症等で判断能力が不十分な状態にな…
  2. 高齢者に人気のスポーツとは何でしょうか。 最近では高齢になってもスポーツを楽しむ人が増えています。…
  3. おひとりさまの老後は、独りぼっちで寂しいものと思われがちです。 でも、本当に寂しいだけのものでしょ…
ページ上部へ戻る